2018年7月15日日曜日

ポケモン混雑状況!&来週からのご案内♪

こんにちは。
始まりました。
ポケモン
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」
(C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
 (C) Pokemon (C) 2018 ピカチュウプロジェクト
みんな、「あーーー面白かった!!!」と満足げに帰っていきますよ(^▽^)/
そしてこの土日、特に大きな問題もなく、
それほど混雑ということもなく、
平和に、のどかに、混み具合もちょうどいい感じで上映できております。
ちょうどいいなんて言っちゃいけませんかね(^_^;)
ほんとは、劇場側としては「毎回満席でかなりの混雑!」くらいでないといけないのかもしれませんが。
私は自分が映画好き映画館好きでもあるので、
いつも観る側としてコメントしてしまうんですよね。
あんまり混み混みだと嫌だし、
かといって広い劇場でガラガラってのもなんだかなあ・・・。
っていう。
それでこの連休中のポケモンの様子としては、
「混み混みでもなくガラガラでもなくちょうどいい」
状態だなあと、もしも私が子供を連れて観るとしたらの場合で思ってしまったわけですね。
7月も半ば、小中学生は何かと行事やイベントも多い時期なので、
来たくても来られないってこともあるかもしれませんが、
この土日は、
「大行列で、しかも座れない!」
なんてこともなく、スムーズに受付をして、
だいたいお好きな席に座れるくらいの状況でした。
時間帯としてはやっぱり、朝一回目がピークかなというところ。
午後は空いてますので狙い目です。
特に夕方!
ガラガラなので、人ごみが苦手とか涼しくなってから動きたいって方は夕方がおすすめです。
ただ、要注意なのは来週です。
来週は「未来のミライ」が始まるので、上映時間がちょっとだけ変わります。
そして、ポケモンの11:40の回がなくなっちゃうんです!

7/20~26の上映時間
「ポケモン」
9:30/13:50/16:00/18:10
「未来のミライ」
11:35/12:40/14:40/16:40/18:40

ということで、ポケモンのお客さんが9:30の回と13:50の回に集中してしまうかもしれません。
なので、可能であれば、その時間を外してやっぱり午後、夕方以降の回にしたほうがゆっくり観られるんじゃないかと思います。
それもまあ、そのときにならないとわからないですが。。。
来週の状況もこちらでご報告しますので、
まだ、観るのは夏休みに入ってからにしようという皆様は、
参考までに来週のこのブログも読んでいただいて、
ご覧になる回を検討してもらうといいのかなと思います♪
入場者特典はまだまだあります!
大人も子どももみーんなもらえますのでぜひゲットしてくださいね(^_^)/
そしてゲームやってる方は3DSとポケモンのソフト「ウルトラサン」「ウルトラムーン」を忘れずに!
「ポケモン」公式サイトhttp://www.pokemon-movie.jp/

7月20日公開「未来のミライ」
(C) 2018 スタジオ地図
「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」などの細田守監督最新作。
甘えん坊の4歳の男の子"くんちゃん”と、
未来からやってきた妹"ミライちゃん”
ちょっとふしぎな兄妹の物語。
生まれたばかりの妹の出現に戸惑う4歳の男の子くんちゃんの姿に、
ちょっとせつなくて懐かしい気持ちを思い出します。
そして未来からやってきたミライちゃんに導かれ、
時をこえた家族の物語へと旅立つ"くんちゃん”とともに体験するのは、
私にもあなたにも、誰にでもあるはずの、
『家族』という長い長いつながり。
幼い頃の母や、青年時代の曽祖父との不思議な出会い。
映画の中で時を旅して、
自分のなかにもある"血”とか"絆”、そして"家族”について、
深く、じっくりと考えてみたくなる、そんな映画です。
しかも豪華な声優陣!
星野源!麻生久美子!上白石萌歌!黒木華!
役所広司福山雅治まで!?
私も大好きな俳優さんたちばかりでビックリです☆
テーマ曲は山下達郎だしね!
お父さんもお母さんも楽しめる作品ですよ(^▽^)/
家族みんなで観に来てください♪
「未来のミライ」公式サイトhttp://mirai-no-mirai.jp/


7月20日からの『午前十時の映画祭』
「メリー・ポピンズ」
©2018 Disney
ジュリー・アンドリュース主演、
世界中で愛されるミュージカル映画の決定版!
これ、1964年に、実写とアニメの合成で製作されているんですからね!
さすがハリウッドですね!
少し前にトム・ハンクスエマ・トンプソンが、
この映画を作るときのウォルト・ディズニーと原作者トラヴァースを演じて話題になった
「ウォルト・ディズニーの約束」という映画がありましたが。
製作にあたってはいろいろと問題山積みで大変だったようですが、
そのへんは映画「ウォルト・ディズニーの約束」でじっくり観ていただくことにして。
この「メリー・ポピンズ」は、1965年の第37回アカデミー賞で、
13部門ノミネート、5部門受賞
ジュリー・アンドリュース主演女優賞を受賞しました。
この年、作品賞や監督賞、主演男優賞などを獲ったのはあの、オードリー・ヘプバーン主演の「マイ・フェア・レディ」
オードリーは女優賞獲れなかったんですけどね。
舞台版の「マイ・フェア・レディ」で主演していたのがなんとジュリー・アンドリュースだったのですから、なにかとまあ、いろいろと、なんていうか・・・
大変だったようですが(^_^;)
とにかく観た人すべてが夢中になる、最高のエンターテインメント。
気難しい原作者を説得し、よくぞ作ってくれました!
ディズニー氏に感謝したくなる素晴らしい作品。
日本語吹替え版だったらぜひ子供たちにもスクリーンで観てほしいところなんですが、
残念ながら今回の上映は字幕版のみ。
それでもスクリーンで観るのと家で観るのとでは大違いなので、
観られそうな子はぜひ、劇場に連れてきてくださいね!
公式サイトhttp://asa10.eiga.com/2018/cinema/825.html


最高気温が34℃!36℃!なんて、信じられないくらいの暑い日が続きますが、
誰もがなんだかバタバタと忙しい夏。
子ども映画に限らず、大人が観たい映画も、
ちょっとした隙があるときに観ておきたいものですね。
8月に入ったら、あっという間にお盆です(゜Д゜;)!!
済ませられることはさっさと済ませてしまって、
暑い夏をスマートに乗り越えましょう~!
映画館、涼しーくしてお待ちしております♪

★中劇公式サイト PC→http://www.chugeki.jp/携帯→ http://www.chugeki.jp/mobile


2018年7月11日水曜日

夏なので!ポケモン!7月13日公開♪

こんにちは。
夏ですね。
ということは。
とうとう来ました。
ポケモンの季節です。
中劇では、子ども映画のときは必ずこのブログで、
劇場の紹介や、混雑する映画館でスムーズに映画を観る方法などをご案内しています。
今回も、ぜひ参考にしてみてくださいね!
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」
(C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
 (C) Pokemon (C) 2018 ピカチュウプロジェクト
今年ももちろん、入場者プレゼントがありますよ☆
今年は、スペシャルガオーレディスク「ゼラオラ」です。
こちらは、ポケモンのアミューズメントゲーム「ガオーレ」で遊べるディスクです。
これは年齢制限なしで、入場者全員がもらえます♪
それともちろん、ゲームのデータももらえます!
こちらは、劇場内でデータの配信があるので、
映画を観るときは必ず3DSシリーズ本体と、
ゲームソフト「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」のいずれかを持ってきてくださいね!
今年は「ゼラオラ」がもらえますよ☆
それから、盛岡市内と近郊の保育園、幼稚園、小学校、中学校には中劇の割引券を配りました!全員ぶん!
盛岡市内なのにもらってないよ!って方は、
もしかしたらランドセルの底のほうでクシャクシャになっているかもしれません(゜Д゜)
チェックしてみてくださいね!
あと、一人一人には配らずにチラシコーナーや受付周りなどに設置のところもあるようなので、園や学校の事務の方などに聞いてみてくださいね♪
割引券を家に忘れたら割引ができないので、必ず持ってきてください!
それがなかったら盛岡市の子育て応援パスポート“もりパス”でも割引可能!
駐車場は金田一、MOSS、リリオに車を停めたら駐車料金も安くなるので駐車券も忘れずに!
夏はいろいろとお金がかかる季節。
平日の朝一回目や夕方のサービスタイム(大人1300円)
それから水曜のレディースデー(女性1100円)や木曜のメンズデー(男性1100円)なんかを使うのも安上がりです♪
8月1日は映画サービスデーで誰でも1100円だしね!
少しでもお得に映画を観ましょう!

さてそれでは、毎年フィーバーになる最初の週末の受付についてのご案内
いつもこちらのブログをチェックしてくださっている方には、
毎年同じような説明の繰り返しで申し訳ないのですが、
初めて中劇に来る!とか、
初めて子供と映画を観る!
などのお客様でも気持ちよくスムーズに映画鑑賞ができるように、
わかりやすくご案内したいと思うので、ご了承くださいませ。

7月13日からの上映時間は、
9:30/11:40/13:50/16:00/18:30
です。
フロアは、
13日(金)は朝9時開場、
14日(土)~16日(月)は朝8時45分開場です。
エレベーターもその時間にならないと5Fまで上がらないので、
それより前にお越しいただいた方は、4Fでエレベーターを下りて、
階段で5Fまで上がり、中劇の入り口前でお並びください。
ポケモンのポスターのパネルが出ていますので、それが目印です♪
上映時間は約1時間45分ですので、お子さんだけで観て親御さんがお迎え、とかの場合は、
終了時間を間違えないようにあらかじめご確認くださいね。
たまに、「お母さんが来ないよ~」と泣き出す子もいたりするので、
くれぐれもご注意ください。
それと、待ち合わせ場所の確認もしっかり!
お子さんとすれ違ってしまい、エレベーターで行ったり来たりする方や、
お子さんのほうがお迎えを待てなくて不安になり外に出てしまったりなどもあるので、
事前にしっかり打ち合わせしてくださいね。
「子供だけで観てもいいですか?」と聞かれることもよくあります。
そのへんは、親子でじゅうぶん話し合って来てくださいね。
劇場側としては、「一人で観られるのであれば問題ない」というスタンスですが、
親御さんから「よろしくお願いします」と言われても、
「お子さんをお預かりする」わけではありませんので、
ずっと見ているわけにはいかないのです(^_^;)
受付に来てから、「一人じゃ嫌だ」と泣く子や、
観始めてから、「お母さんのところに行く」と言い出す子も出てきたりして。。。
ちゃんと話しあって、一人でOKとなったのであれば、ウェルカムです♪
ちなみに、ロビーは次の回の方であふれているので、
お子さんのお迎えの方は上映中ずっとロビーで待つ、ということはできません。
受付でバイバイ、受付でお迎え、になりますので、ご了承くださいませ。
土日祝日は、整理券を発行します。
座席指定券ではありませんので、ご注意ください。
え、なんで座席指定じゃないのかって?
・・・・・・そこまで混まないからですよ(^_^;)
やはり最初の三連休あたりは混むには混むんですが、
満席になるほどではないんですよねえ!
三連休のうちでも午前中は受付に軽く行列ができたりもするんですが、
夕方はガラッガラ!
なので、逆に、好きな席に座ってもらって移動もOK。
という整理券方式にしています。
早く受付をすませれば、早い番号がもらえて早く場内に入れるので、
早めの受付がおすすめなのは変わりません。
今年は、次の週から「未来のミライ」も公開になりますので、
当日のぶんのみですが、「ポケモン」と「未来のミライ」のみ朝からすべての回の整理券を発行します。
受付の際には、一緒に観る全員分の受付をすることになるので、
割引券や前売り券は全員ぶん持ってきてくださいね!
これまでの「ポケモン」や「妖怪ウォッチ」のときと同じで、
観たい回の受付を先にすませておいて、決まった時間までに戻る。
ということができるので、「今日はポケモンの日!」と覚悟を決めて、
1.まず早めに受付をすませておく。
2.外に出て、お茶をする、ごはんを食べる、買い物をする。
3.劇場側の指定した時間までに戻って、DSのデータをもらう。
トイレや売店での買い物も、観る前にロビーが空いてるうちが狙い目!
(映画が終わった後は、あまりの混雑で、グッズを買うのを諦める方も少なくないんです。。。)
というのがおすすめのコースです。
こういうのは毎年やってる映画館スタッフの言うことを信じて動くのが正解♪
・グッズは、そもそも入荷数が少なく、追加発注もできないので、
最初に劇場に届いたぶんが売れてしまえばもうおしまいです。
早いものは、初日の1回目の上映で売れてしまうこともあるんです。
劇場限定のグッズが欲しい方は、早めにお買い求めください!
・入場者プレゼントは、スペシャルガオーレディスク 「ゼラオラ」
こちらは先着限定ですが、極端に数が少ないというわけではないので、
初日に並ばないともらえない!なんてほどではないので、
「必ず欲しいのであればお早目に」
というところです。
でも、いつもわりと数に余裕があるので、そんなに心配しなくても平気です☆
・劇場内で、ニンテンドー3DSソフトに「ゼラオラ」の配信もありますので、
ポケモンのゲームをされている方は、3DSを必ずお持ちください
これをたまに、ぬいぐるみとかマスコットのプレゼントと勘違いされている方もいますが、
これは、データなんです。
お孫さんを連れてきたおじいさんおばあさんたちが、
何が何やらという顔をして困っているのをよく見かけます。
しかも、3DSシリーズ本体だけでなく
「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」のいずれかのソフトが必要なんです。
お父さんお母さんたちはもちろんですが、
おじいちゃんおばあちゃんに預けて連れてきてもらう場合は特に、そのへんの説明を忘れずに!
そしてしっかり充電してきてくださいね!
データの受け取り方は、
受付の時に全員に受け取り方の案内チラシをお渡ししますので、大丈夫。
映画の上映中は、ゲーム機はお切りいただきますので、
上映前か上映後にやってくださいね!
そのためにも、時間に余裕をもってお出かけください。

と、注意事項はこんなところです(・▽・)
とにかく時間には余裕を持って!
くれぐれも、映画の前や終わったあとに時間ぎりぎりで予定なんか組まないでおいてくださいね!
「今日は子供のイベント。」
そう割り切って、大きな気持ちでいらしてください。

あ、中劇は食べ物や飲み物の持ち込み自由なので、お好きな物を持ってきて大丈夫ですよ~☆
コンビニやスーパーなどで買ってきたものでも、
家から持ってきたものでも、なんでも持ちこんで場内で食べられますよ!
毎回、上映後にスタッフが掃除機で場内を綺麗に掃除するので、
場内はいつもきれいなのでご安心を。
といっても、スタッフはギリギリだし、休憩時間には限りがあり、
掃除に時間がかかると次の回のお客さんをなかなか場内にご案内できなくなってしまうので、
ジャンジャンこぼしてください♪とは言えません・・・。
なるべくおしとやかに食べていただき、
そしてゴミは極力、帰りにゴミ箱へお願いします。。。
売店では、ポップコーンも販売中
塩味150円。
キャラメル味250円。(これマジおいしいです!)
ぜひお試しあれ(^▽^)/
他にもジュースやお菓子の販売機もあるので、
外で買う時間がなかったときは、来てからでもだいじょうぶ!
毎年恒例のポケモンの劇場限定ポップコーンボックスもありますよ♪
今年はモンスターボール型!
こちらは数量限定なのでお早めに!

夏なので、場内はエアコンが効いてます
たまに「寒い」と言われることもあるんですが、消してしまうと暑くて具合が悪くなってしまう方も。。。
暑いと、子どもは吐いてしまうこともあるんです(^_^;)
温度には毎回、気を付けてはいるのですが、劇場が広いため混雑時はどうしても涼しめになってしまいます。
外は暑いですが、お子さんにも自分にも、上に羽織るものをお持ちいただくといいと思います。
受付でもひざかけをお貸ししてますので、必要な方はお声をおかけくださいね。
ちなみに『妖怪ウォッチ』の前売り券も、この13日 から発売になります!
前売特典は「猫又 妖怪アーク」です。
なんだかんだ言って結局観るのよね~、という方は、
特典が付いているうちに前売券を買ってしまった方がいいですよ。
またあとで、なんて言ってるうちに特典が終了してお子さんに怒られてしまいます。
今回のポケモンの前売り券に付いていたキーチェーンも先着だったので、
もらえなかった方もたくさんいました。
なので、「妖怪ウォッチ」の前売り券も、ポケモンを観に来たついでに買ってしまいましょう(^-^)/

上映時間は変更になることもあります。
新しい映画が始まったり、
ライブビューイング(生中継)などのイベントがあったりすると、
上映時間が変わってしまうのです。
観る日が決まったら、公式サイトや新聞、お電話などで上映時間の確認をしてくださいね!
ちょうど休憩時間でロビーがゴチャゴチャのときなんかはてんやわんやで誰も電話に出られない!
ってこともありますが、そんなときは少し時間をおいてかけ直してみてください。
「今日、混んでますか?」
というご質問も、その時点での状況ならお答えできますよ。
こちらのブログでも混雑状況をご報告していきますので、
今日行きたいけど混んでるのかな~・・・なんてときはチラッとチェックしてみてくださいね!
(C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
 (C) Pokemon (C) 2018 ピカチュウプロジェクト
最後に、長年ポケモンなどの子供映画の経験を積んだいぶし銀の劇場スタッフが、
「もしも自分が子どもと一緒にポケモンを観るなら・・・?」
と聞かれたら。
「土日でも平日でも夕方!」
と答えます(゜▽゜)/
夕方。ほんとに空いてますよ~~~♡
平日の夕方なんて、びっくりするほど空いてますよ~♡
連休中や夏休みなら、明日の学校のことを気にしなくてもいいので、
お子さんと一緒に夕方の映画ってのもいいかもしれません♪

それではみなさん、夏の訪れを告げる一大イベント『劇場版ポケモン』!
楽しい思い出になりますように♪
「ポケモン・ザ・ムービー」公式サイトhttp://www.pokemon-movie.jp/


★中劇公式サイト PC→http://www.chugeki.jp/携帯→ http://www.chugeki.jp/mobile


2018年7月5日木曜日

北斎!七人の侍!!MUSEライブ限定上映も♪

こんにちは。
暑いですね。
ていうかほんとに暑い。
雨がザーッと降ったあとカアーッと晴れてみたり、
じめじめと降ったり止んだりしてみたり、
不安定な天気が続きますが、
とにかく7月に入ったばかりというのに暑い!
すでに夜はエアコン頼み、
昼間もなるべく涼しいところでじっとするという、
すっかり夏の過ごし方になっております。
みなさんも熱中症に気を付けて、
水分を摂りながら涼しいところで過ごしてくださいね。
そう、映画館のような涼しいところでね!

というわけで、明日から公開は
「大英博物館プレゼンツ 北斎」
Documentary film and guide to exhibition film
 (C) British Museum BIG COMIC Manga images in documentary (C) Shogakukan
一か月ほど前に、秋田県立近代美術館の「北斎の富士」展に行ったときのことをチラッとこちらでご紹介しましたが。
http://moriokachugeki.blogspot.com/2018/05/blog-post_31.html
日本が世界に誇る、江戸時代の天才絵師・葛飾北斎
今年の1月に上映した「ゴッホ 最期の手紙」でも、
ところどころに浮世絵が描かれていましたが、
1867年のパリ万博で浮世絵がヨーロッパに紹介され、
ヨーロッパで一大ムーブメントを起こし、
ゴッホゴーギャンモネドガ、そしてピカソなど、
近代美術を代表するアーティストたちに多大なる影響を与え、
印象派誕生のきっかけとなったと言われています。
今回は、去年、大英博物館で開催された北斎の展覧会をフィーチャーし、
北斎の作品はもちろん展覧会の舞台裏や、
浮世絵の世界全体を体感できるドキュメンタリーになっています。
希少な展示物をはじめ、北斎の生涯、特に還暦以降の30年に焦点を当て、
90歳まで精力的に絵を描き続けた北斎が追い求めた世界に迫ります。
Documentary film and guide to exhibition film
 (C) British Museum BIG COMIC Manga images in documentary (C) Shogakukan
「偉大な芸術家は、歳を重ねるごとに進化する」
という信念のもと、実際に年々、腕も上達していき、
90歳で亡くなる直前まで描き続けた、
まさに絵に憑りつかれていたといってもいいくらいのアーティスト・北斎
生前から売れっ子で、かなりのお金も稼いでいたはずなのですが、
火事やダメな孫、それから自身の「とにかく絵が描ければそれでいい!」というクレイジーさのおかげで裕福な暮らしはできず、
ひたすら下町で絵を描いて暮らしていたようです。
北斎の作品には、とにかくその時代の庶民の暮らしが描かれています。
そこにはやはり、下町で市井の人々とともに暮らす北斎の人生が垣間見えますね。
少し前にNHKのドラマで、宮崎あおいさんが北斎の娘を演じたドラマがあって、
それがほんとに面白くて、いまだに録画を消せずにいるんですが、
一時間ちょっとの短い時間に、
北斎と娘の暮らしぶりや、
絵に全てを捧げる、捧げてしまう、捧げずにはいられない2人のアーティストの姿が凝縮されていて、
楽しくて印象深い作品でした。
宮崎あおいさんがほんとに素敵でかっこよくて、
北斎を演じた長塚京三さんや、
相手役の松田龍平さんもすごく良かった!
これを見逃した人は絶対に損してる!!!と思います!
・・・・って、ドラマではなく、映画の話をしないとですね(^_^;)
と、それまでは、
北斎?世界的に有名な画家?
浮世絵の人?あの、富士山の絵ね。
よくわかんないけど名前は知ってる。
程度だった"葛飾北斎”という人物に、
そのドラマによって急に色が付いて興味が沸いてきたところだった私でしたが、
まさかこの映画まで!
中劇でやれるんですか!?
さらには秋田で展覧会も!
というわけで、全くの素人の私でしたが、
この歳でやっと、浮世絵というものや葛飾北斎という世界的アーティストについて勉強を始めたところです。
詳しいことはもちろんわかりません。
でも、足を踏み入れてみて思ったのは、
難しいことは必要ないかもしれない、ということ。
北斎の代表作である「富嶽三十六景」「北斎漫画」などで描かれているのは、
一貫して「自然」「人間」
そこには、命に対する尊敬の念や人間へのあたたかな眼差し、
そして圧倒的なユーモアが常に溢れていて、
美術の知識もないような私が見ても思わずクスッと笑えてきたり、
気持ちがほっこりと温かくなるようなものばかりでした。
北斎自身も、堅苦しい話は抜きにして、
普通の人々が、ただ絵を楽しんでくれさえすればいいと、きっと思っていたんじゃないかなと思います。
Documentary film and guide to exhibition film
 (C) British Museum BIG COMIC Manga images in documentary (C) Shogakukan
この映画も、いわゆる「北斎マニア」というような専門家が出て来て作品について語ったり説明をしたりしますが、
難しい学術的なことではなくて、
北斎の作品をどのように楽しんだらいいか、
この作品のバックグラウンドにはどんなことがあったのかというような、
初心者でも興味深い作りになっています。
日本の職人による浮世絵の作り方や、
北斎の生涯や時代背景を辿りながらの作品紹介など、
見応えのある90分。
Documentary film and guide to exhibition film 
(C) British Museum BIG COMIC Manga images in documentary (C) Shogakukan
版画だし、かなりの人気で何度も版を重ねたため劣化は避けられず、
職人によって色遣いもだいぶ変わってしまうものなので、
初版やそれに近いものはなかなか見られないのですが、
最新技術によって間近で、詳細までアップでしかも説明付き!
これはいい機会ですよね!
アメリカの雑誌「LIFE」の、『この1000年で最も重要な功績を残した100人』に、
日本人として唯一選ばれた葛飾北斎
謎が多いとされる彼の人物や作品に迫る貴重なドキュメンタリー。
日本人としては、やっぱり観ておきたいものですね。
この機会に、大画面で是非!!
公式サイトhttp://hokusai-movie.jp/


さて、もう一本は、出ました。
こちらも日本が世界に誇る、
日本人が観ておかなくてはいけない映画。
説明は不要だとは思いますが一応。
お知らせなので。
「七人の侍」
©東宝
黒澤明×三船敏郎
世界の映画人がリスペクトするこの奇跡のコンビネーション。
そのなかでも最高傑作といえる「七人の侍」
いつ観ても新しい。
誰が観ても面白い。
あっという間の3時間半!
もう、映画の魅力を最大限に伝える、全てが詰まった作品。
毎年やってくる野武士に対抗するべく、
食い詰めた浪人たちを雇い入れることにした小さな村。
一人、また一人と仲間を増やし、野武士を迎え撃つ。
こんなシンプルな物語が、
本当にハラハラドキドキのアクション映画としても、
いつまでも心に残る人間ドラマとしても、
映画史に残る名作としていまだに語り継がれているのです。
友情、絆、裏切り、ミス、友の死、
そしてそこからまた続いてゆく人々の暮らし。
アクション、青春、涙、再生・・・
映画の基本が、楽しさが、全てがここにある。
1954年のベルリン映画祭で銀獅子賞を受賞した、
日本人なら必見の名作です。
http://asa10.eiga.com/2018/cinema/806.html


そして急遽決まったスペシャル上映。
7月12日(木)一日限りの上映です。
「MUSE Drones World Tour」

はい?
MUSEって何?って?
そうなんですよねえ・・・
洋楽って、好きな人は好きだけど知らない人は全然知らない。
そういう世界なんですよねえ(^_^;)
MUSEは、1999年にデビュー、
グラミー賞3回受賞全世界セールス1500万枚以上という、
世界的人気と実力を誇るイギリスのロックバンドなんです。
今回は、彼らが2015-2016年に行ったワールドツアーを、
スクリーンで、全世界同日公開するという大きな企画。
数台のドローンが空中を飛び、
ステージを見渡す風景を大きなプロジェクターに写しだす大規模なセットが話題を呼び、
名曲だらけのセットリストや最高のパフォーマンスで、
"至上最高のショー”
"驚愕の祭典”
と業界紙からも絶賛された伝説のライブが、
今回、日本で、
しかも映画館のスクリーンで間近で観られる!
というわけなんです。
まあ・・・こういったアーティストのライブ系の作品はほんとのファンしか来ませんからね。
「スゲーーー!!!マジか!!!!」
って思った方しか来ませんのでね(^_^;)
何それ、知らなーい。
って方はスルーしてください♪
でも、すごいですよ。
MUSE鉄拳のパラパラ漫画、って言えばわかる方もいるのかな。
良い曲、多いんですよ♪
https://www.culture-ville.jp/musedrones

ちなみに、9月にはB’zの映画もありますけどね。
B’z好きの方たちはもう知ってると思いますけど。
こちらも要チェックで☆
https://bz-vermillion.com/exhibition/theasche.html


さてさて7月に入りました。
と思ったら来週末にはもう、なんと、いよいよ今年も。
ポケモンです。
早いですね(-_-;)
ポケモンが落ち着くころにはもう秋ですよ。
年々、ポケモンの時期は足腰や目や肩なんかの疲労が取れにくくなってきています。
身体に鞭打って、今年もがんばりますよ~!
みなさんも暑さに負けず、この夏、乗り切りましょうね(>_<)!!


★中劇公式サイト PC→http://www.chugeki.jp/             携帯→ http://www.chugeki.jp/mobile